2017年6月20日

国際著作権法学会日本支部(ALAI JAPAN)特別研究会は終了しました。

国際著作権法学会日本支部(ALAI JAPAN)特別研究会は終了しました。
ご参加いただきました皆様方にはお礼申し上げます。
特別研究会の様子は後日掲載します。

また、次回の研究会につきましては、追ってご案内いたします。

なお、2017年6月20日(火曜)15時15分から、一橋大学学内者限定ではございますが、以下の催しが予定されております。一橋大学の学内の方は、事前申込みは不要ですのでお気軽にご参加ください。

***

 長塚真琴ゼミ(知的財産法)では、一橋大学の学内者に公開して特別オープンゼミを行います。
※ご案内フライヤー(PDF)はこちら

 2017年2月、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、音楽教室での演奏には演奏権(著作権法22条)が及ぶとして、音楽教室からの著作権使用料の徴収を2018年1月に開始すると発表しました*JASRACの発表内容はこちら

 一方、複数の楽器教室の運営者は、楽器教室での演奏には演奏権が及ばず、著作権使用料の支払の義務がないことを確認する訴訟を提起することを検討しています(2017年5月16日現在)*「音楽教育を守る会」の発表内容はこちら

 当日は、ゼミ生からこの問題と、日本・台湾・中国の音楽著作権管理団体の歴史・現行法上の根拠・現在の団体数とシェアを、簡潔に発表します。そして、来日中のフランス著作権法の泰斗アンドレ・リュカ先生と、門下の陳思廷先生よりコメントをいただき、あるべき方向性について議論します。

 通常のゼミの1回ですが、一橋大学の学内者に公開しておこないます。火曜4限が空いていてこの問題に関心のある一橋大学の学内の方は、どうぞご自由にご参加ください。事前連絡不要です。

*学内限定の公開ゼミですので、学外の方はご参加いただけません。


日時:
2017年6月20日(火曜)15:15〜17:00(申込不要)

会場:
国立キャンパス・本館25教室

テーマ:
「各国の音楽著作権管理団体と音楽教室における演奏ーフランスと台湾のゲストを迎えてー」

ゲスト:
アンドレ・リュカ(フランス・ナント大学名誉教授)
陳思廷(台湾・成功大学副教授)


2017年5月14日

【研究会のご案内】国際著作権法学会日本支部(ALAI JAPAN)特別研究会「欧州・フランス著作権判例の最新動向」のお知らせ

一橋知的財産法研究会では、国際著作権法学会日本支部(ALAI JAPAN)特別研究会として、以下の研究会を開催します。

当日参加も可能ですが、できる限り、以下のフォームにて参加申し込みをお願い致します。

※会場は早稲田大学3号館401教室です。
※ご案内フライヤー(PDF)はこちら


日時:
2017年6月19日(月曜)18:00〜20:30(入場無料)

会場:
早稲田大学3号館401教室
https://goo.gl/maps/QRXWSr6hSrs

テーマ:
「欧州・フランス著作権判例の最新動向─ハイパーリンクSvensson判決(C‑466/12)と絶版書籍アーカイヴReLIRE判決(C-301/15)を中心に─」

報告者:
アンドレ・リュカ(フランス・ナント大学名誉教授)
陳思廷(台湾・成功大学副教授)

報告言語:
仏語・英語(逐次通訳あり)


2017年5月8日

【2017-05-08】一橋大知財関連文献情報の更新

一橋大知財関連文献情報を更新しました。
新たに利用可能となったのは以下の文献です。

  • 中山信弘=金子敏哉(編)『しなやかな著作権制度に向けて:コンテンツと著作権法の役割』(2017年、信山社)
  • 外川英明ほか(編)『知的財産法のモルゲンロート 土肥一史先生古稀記念論文集』(2017年、中央経済社)




2017年4月12日

2017年度春学期の活動について&一橋大知財関連文献所蔵情報の更新

 一橋知的財産法研究会では、2017年度から修士課程の大学院生を1名、研究生を2名新たに迎えました。
 さらに、大学院生・研究生にくわえ、交換留学生1名が6月末まで長塚教授の講義・演習に参加します。
 今年度の研究会の予定は決まり次第本ページにてお知らせします。

 また、「一橋大知財関連文献所蔵情報」を更新しました。

2017年3月12日

第5回一橋知的財産法研究会は終了しました。

第5回一橋知的財産法研究会は終了しました。
ご参加いただきました皆様方にはお礼申し上げます。
第5回研究会の様子はこちらからどうぞ。

また、次回の研究会につきましては、追ってご案内いたします。

2017年1月24日

第5回一橋知的財産法研究会(共催:名古屋大学知的財産法研究会)のお知らせ

一橋知的財産法研究会は、第5回研究会(共催:名古屋大学知的財産法研究会)を開催します。
※第5回研究会は、名古屋大学知的財産法研究会との共催で、名古屋市にて開催されます。ご注意ください。


日時:2017年3月10日(金曜)18:00〜20:30(入場無料)

会場:名古屋大学・東山キャンパス法学研究科棟212会議室(地図C4④正面玄関を入ってすぐ右)  (キャンパスマップ(PDFファイル)が開きます。)


報告者:葦原エミ(YKI国際特許事務所弁理士)、長塚真琴(一橋大学大学院法学研究科教員)

テーマ:「日本の商標法―各国の専門家によるフランス語の共著書籍『世界の商標法』の日本法部分として―」

使用言語:日本語
  
※終了後、懇親会を予定しています。


2017年1月14日

第4回一橋知的財産法研究会は終了しました。

第4回一橋知的財産法研究会は終了しました。
ご参加いただきました皆様方にはお礼申し上げます。
第4回研究会の様子は、近日中にこのページでお知らせいたします。

また、次回の研究会につきましては、追ってご案内いたします。

2017年1月13日

【ご連絡】第4回研究会にご参加の皆様へ

第4回一橋知的財産法研究会にご参加の皆様へ

 如水会館に着いたら正面玄関から入り、大階段とトイレの間を奥まで進んだところの左手にあるエレベーターで、会場までお越しください。
正面玄関から入り、大階段とトイレの間を奥まで進んだところの左手にあるエレベーターで、5階の会場までお越しください。

 今回は開始時刻の19時ギリギリの開場となります。早く到着された場合は、如水会館1階ロビーでお待ちください。


日時:2017年1月13日(金曜)19:00〜21:00(入場無料)

会場:如水会館・5階会員会議室(東京都千代田区一ツ橋2丁目1−1 如水会ビルディング) 

報告者:林季陽(台湾弁護士・一橋大学大学院法学研究科博士後期課程)

テーマ:「台湾著作権法における貸与権とその消尽原則についてー公貸権導入の観点から(仮)」